2017を雑に振り返る② 和菓子

今年は何と言っても和菓子にまみれた一年だったと思われます。ダイエットに区切りがついてから和菓子屋各所 せっせと足を運んでしまい、端的に言って最高でした。

 

名古屋で行った、もしくはたべたのは

むらさきや、両口屋是清、不老園、覚王山不老園、不朽園、雀おどり、きた川、川口屋、吉光、川村屋、大黒屋、山中羊羹舗、きよめ餅総本家、吉芋…などなど

デパ地下の和菓子だと

仙太郎、たねや、とらや、美濃忠、大口屋、鶴屋吉信寛永堂…などなど 正直全部は覚えてないですね明らかに食べ過ぎです。

 f:id:ktkk48:20171228153109j:image

羊羹やわらび餅、同じ季節の生菓子など同時に食べ比べてみると 餡子だけでもはっきりとお店ごとに個性があって、ほんとうに面白いことがよく分かり…楽しい……

 

名古屋ではダントツで不老園がお気に入りです。

和菓子の見た目のうつくしさ、甘みのバランス、雑味の無さ…それに加えて値段、接客対応、店舗の清潔さ、すべてが満足度ナンバーワンすぎる。葛のプリンはその優しみにとろけるおいしさ 生菓子と合わせてぜひ食べてね。

ちなみに店内ではこんな風にすてきにお茶もできますので もちろんお抹茶もさらりとして美味。

f:id:ktkk48:20171228172224j:imagehttps://www.furouen.co.jp/

 

手軽に買える名古屋の和菓子屋をお土産にするなら、両口屋の旅まくらがいいのではないかと思います。あれは間違いなくおいしい。個人的には志なの路より旅まくらがすき(写真参照)f:id:ktkk48:20171228153528j:image

 

それからやっぱり駅やデパ地下で買うのと、路面店で買うのとでは大分味が違う気がするんですよな。当然店舗の方がおいしい。品質管理や照明の問題か?

 

 

新大阪駅でサクッと買える、和菓子屋 絹笠のとん蝶(おこわ)は比較的お土産クオリティが高いと思われますのでおススメ。新幹線で食べるのがお気に入り。

f:id:ktkk48:20171228153309j:image

 

特筆すべきは京都でたべた松寿軒の最中、あれは…人生でもっともおいしい最中でしたね……餡子がみずみずしいなんてことある?衝撃的でした。必ず再訪したい。落雁や和三盆も神の采配による絶妙な甘さで天才が過ぎる。

甘春堂の栗大福はちょっと甘すぎたので二度目はないでしょう

f:id:ktkk48:20171228153014j:imagef:id:ktkk48:20171228153139j:image

京都は有名和菓子屋がひしめき合うドリームタウンすぎて危険がいっぱいだね…

 

春に東京でたべた、南青山まめの苺大福も美味でした。あと ひがしやのスタイリッシュな和菓子たちはお土産にしたら非常に喜ばれた(アイス最中も上出来)

f:id:ktkk48:20171228153728j:image

浅草梅園のあんみつは当然のごとくおいしかったし、空也の最中もかなり好ましくて予約した甲斐があったな。中里の揚げ最中は祖母にあげて自分でたべれなかったのが心残りですリベンジしような…

東京も行きたい和菓子が60軒を超えているので、はやく旅行チャレンジ成功させたい。

 

あとなんか駅前の無名の和菓子屋にもいろいろ行ったんですけど、田舎の駄菓子感が強くてそれはそれなりに良いということが分かるなど

 

おいしい一年だったね。